OSU Music Produce Project

大阪産業大学プロジェクト共育 音楽プロデュースプロジェクト

TEL.072-875-3001

〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1

コラム

ミュージックシーケンサー

レコーディングには主に次のような機材が必要になります。

  • MTR:マルチトラックレコーダーの略でトラックごとに音を録音できる装置
  • ミキサー:入力された音をまとめて出力する装置、その際音質や音量を調整できる
  • エフェクター:音を加工する装置、音をとる前に加工したり、取った後に加工することができる
  • マイク:音をとる装置、音波を電気信号に変える
  • スピーカー:音を鳴らす装置、電気信号を音波に変える

上記は従来からあるレコーディングに必要な機材です。
しかし現在の音楽制作現場には、これらの機材がすべてない場合でも、レコーディングを行うことが可能です。これらの機材の代わりを務めるのが、PCです。現代のレコーディングに、パソコンは欠かせません。

では、パソコンを使ったレコーディングを行う上で必要な機材とは何でしょうか、それはPCミュージックシーケンサーです。
ミュージックシーケンサーは単にシーケンサーと呼ばれることがほとんどで、PC上で動作させるシーケンスソフトが必要になります。シーケンスソフトの主な機能は、デジタル楽器の演奏データを再生し、録音することにあります。
シーケンスソフトには、有料のものもあれば無料のものもあります。もちろん有料にはそれぞれのソフトを特徴づけるような高機能が備わっていますが、無料のものでも十分な機能を備えたものも存在します。
この演奏データを作成するのに打ち込みを利用します。打ち込み作業を行う際には、MIDI機器を利用します。MIDIとは電磁楽器の規格を表します。さらにその演奏データを演奏するための音色が必要になります。これもMIDI機器に搭載された音源を利用し演奏して、録音することでシーケンスソフトの役割を果たしています。

代表的なミュージックシーケンサーソフト

フリーソフト

  • Cherry (Win)
  • Domino (Win)

有料ソフト

  • Cubase (Win & Mac)
  • GarageBand (Mac)
  • Ableton Live (Win & Mac)
  • Logic Pro、Logic Express (Mac)
  • ProTools (Win & Mac)
  • Singer Song Writer (Win)
  • SONAR (Win)
  • Studio One (Win & Mac)

どのソフトを選ぶかで今後の作曲に大きく左右するところではありますが、基本機能としてはどれも同じです。有料のソフトといってもその多くが、オーディオインターフェースを購入することでバンドルされていることがほとんどです。今はほとんどのオーディオインターフェースがシーケンサーを選びませんが、一部専用のものもあるので、購入時には十分注意しましょう。マルチメディアスタジオでは、ProToolsを採用しています。ProToolsは、シーケンスソフトというよりは、DAW(デジタルオーディオワークステーション)としての位置づけの方が高く、非常に高価なため業務用として使われることが多いため、事実上のディファクトスタンダードとなっているのが採用理由ですが、MIDI機能などDTM(デスクトップミュージック)としては充実しているとはいいがたく、シーケンサーの標準とはなりえていませんが、機能としての利用は可能です。

現在、このMIDI音源すらソフトウェア化されており、MIDI機器がない状態でも打ち込みと電子音の録音が可能になっていますが、マルチメディアスタジオには、MIDI音源として「Roland XV-5080」と「YAMAHA PROFESSIONAL SAMPLER A3000」を導入しています。また、MIDIキーボードも用意していますので、打ち込みによる作曲環境も整えています。

D.I.

D.I.とは、Direct Injection boxの略で、「ディーアイ」とか、「ダイレクトボックス」と言ったりします。
で、なんだそれっていう疑問なのですが、レコーディングを行う上でちゃんと役割があります。

1.ハイインピーダンスをローインピーダンスに変換する
2.アンバランス転送をバランス転送に変換する
3.標準コネクタをXLR(キャノン)コネクタに変換する

こんな書き方をしても分かりずらい時は、「エレクトリックベースやキーボードをライン録りする時に使う変換器」というのが主な目的です。目的は、「ノイズを防ぎ、音質変化を最小限に抑える」ということです。

インピーダンスというのは、「交流抵抗」のことで電気が流れにくくなっている(抵抗「レジスタンス」が起きている)状態のことです。電気の信号には交流(AC)と直流(DC)があります。オーディオ信号は交流電流ですからここで発生する抵抗をインピーダンスといいます。
ハイインピーダンスは電流の効率が良いが、ノイズも多く発生するというデメリットを持っています。ローインピーダンスは、電流の効率が悪いが、ノイズを少なく抑えることが出来ます。

この効果がなぜ必要かというと、最も効率よく電気信号を伝えるためには出力側と入力側のインピーダンスを一致させる必要があるからです。
たとえば、出力側が、ハイインピーダンスなのに対して入力側がローインピーダンスであると出力側からの信号を受けきれない状態になってしまいます。2リットルの水を1リットルの入れ物に入れようとしても1リットル入りきらず漏れてしまうという現象が起こります。これが、逆の場合は、容器にあまりは出来ますが、中身に漏れは出なくなります。ですから、インピーダンスのマッチングは、「ロー出しハイ受け」が基本です。

アンバランス転送とバランス転送は、アナログ・オーディオ・ケーブルの方式で、TRSフォーンプラグ(バランス接続)とTSフォーンプラグ(アンバランス接続)があります。また、バランス接続はノイズに強いという特徴を持ちます。なぜバランス接続はノイズに強いのかというと、バランス方式は、「GROUND」「HOT」「COLD」の三種類で信号を伝送する仕組みにあります。オーディオ信号は交流なので、HOTとCOLDを行ったりきたりしながら流れて行きます。また、電流が行ったり来たりする事からCOLDはHOTの逆相であるといえます。オーディオ信号は非常に小さな信号ですので、ノイズの影響を受けやすいためHOTとCOLDを覆うようにシールド処理されたものをGROUNDと呼びます。この3つの信号でやり取りをするのですが、バランス回路においては、最終的にCOLDの位相を反転させHOTにミックスするという処理が行われます。この処理が行われるため、結果的に道中に入ったノイズを打ち消す効果が起こり、ノイズに強いということになります。アンバランス転送は、HOTとGROUNDの2種類で信号をやり取りするため、位相を遣ってノイズを消すということができなくなり、ノイズに弱いというデメリットを生んでしまいます。しかし、安価であるというメリットもあります。

XLRケーブルはコネクタ部分を見ると3つのピンがあります。これがそれぞれ「GROUND」「HOT」「COLD」を意味しており、バランス方式だということがわかります。また、ロックがついており、抜けにくい構造なので扱いやすいです。

「じゃあ多少高価でも全部バランスケーブルにすればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、スタジオなどではあまり長いケーブルを使用することは無いので、ノイズの影響をそれほど受けません。また、そもそもバランス出力の無い機材や楽器もあります。キーボードなどはアンバランス接続しかないためD.I.を使用してバランス変換しレコーディングを行います。これがD.I.の役割です。

マイクロフォンの選別

どの音を録る時にどのマイクが適しているのか、これは非常に難しい問題です。なぜならば「すべてこのマイクで録っておけば問題なし!」というマイクは存在しないからです。たとえ全ての音域においてクリアな音で録れるマイクがあったとしても、それが自分の作りたい音と違えば使い物にならないからです。マイクにはそれぞれ特徴があり、基本的には取りたい音の種類や好みによって分けます。

コンデンサーマイクは全ての音域においてクリアに録れるのですが、繊細な取り扱いが必要です。また、ふかれに弱いという点があり、大音量を発生する低音中心の楽器(バスドラムやベース)には不向きです。ボーカル録りの場合も声量によってはダイナミックマイクで録る場合が良い時もあります。

マイクの設置の仕方にオンマイクとオフマイクというのがあります。オンマイクは音源に限りなくマイクを近づけて録音する方法でオフマイクは音源から離して録音する方法を指します。ダイナミックマイクにはオンマイク、コンデンサーマイクにはオフマイクが向いているといわれています。これは音の伝わり方の特徴を理解した上での利用方法となります。先にも述べたように、基本的に音は好みによりますので、中高音域をクリアな音にしたいとか、低音域にアクセントを出したい等、マイクの特性により使い分けるのが一般的です。

音質の違いですが、低音の波形は大きく、高音の波形は小さくなります。この特徴からも分かるようにダイナミックマイクは音の振動(波形)により音を録るため、波形の小さくなる高音に弱く、コンデンサーマイクと比べアタック間に違いを感じることもあります。

その他利用場所においてもマイクを選別することがあります。
例えばスタジオなどは設置が固定できたり、ファンタム電源の準備が容易であったりなどのメリットもあり、コンデンサーマイクが使いやすい環境にあります。ライブなど野外となると移動がある為、比較的頑丈なダイナミックマイクが向いています。また、ボーカルなどは動くこともあるのでワイヤレスマイクを使うこともあります。

結局はいろんなマイクで音撮りを試しておき、自分の気に入ったマイクを採用するのが一番です。ライブなどではこの試す時間が少ない為、事前にいろいろ試して自分なりに各マイクの特徴をつかんでおくことが重要です。

マイクロフォンの指向性

マイクには指向性があります。マイクには音を拾うのに適した範囲や向きがあります。これが指向性です。
指向性には、以下の3種類があります。
・無指向性:マイクを中心に360度全ての向きから音を録れる
・単一指向性:マイクを中心に片側部分から音を録れる
・双指向性:マイクを中心に前後双方向からの音を録れる
これは音の録れる向きを示しており、録音の際、音に対してどの向きにマイクを向けるべきかの判断材料になります。

また、単一指向性には更に細かく種類があり、
・カーディオイド
・スーパーカーディオイド
・ハイパーカーディオイド
・ウルトラカーディオイド
の4種類あります。カーディオイドとは、音の録れる範囲のことです。この範囲が狭くなるごとにスーパー→ハイパー→ウルトラとなります。範囲が狭くなるということは、より目的の音だけを拾いやすくなるということですが、周りの音を含めた広がりを感じたい場合には不向きです。

使い分けとしては、ボーカルのレコーディングなど目的の音を録る場合には単一指向性が向いています。生活音など周りの雑踏を録る場合は無指向性が向いています。インタビューなど対面した状態で録音する場合は双指向性が向いています。

マイクロフォンの特徴

「マイクロフォンの種類と構造」でも述べたように、マイクにはダイナミックマイクとコンデンサーマイクがあり、それぞれには特徴があります。様々な違いがありますが、決定的な違いは、「価格」、「音質」、「取り扱いやすさ」にあると言えます。

■価格
圧倒的にダイナミックマイクの方が安価のものが多いです。ライブやレコーディングにもよく使用される代表的なダイナミックマイクにSHUREのSM58やSM57があります。こちらは1万円前後で購入可能です。一方、コンデンサーマイクは、比較的安価なものからとっても高価なものまであります。安いものでも2万円前後、高額なものになれば50万円以上するものもあります。コンデンサーマイクの代表格としてNEUMANNのU87やU67がありますが、これはおよそ25万円以上します。しかし特別ハイエンドというわけでもなく更に高額なコンデンサーマイクも存在します。低価格ながら定番のコンデンサーマイクとしてRODEのNT1がありますが、こちらでも2万円程します。定番のダイナミックマイクと比べても倍ほど価格が変わってきます。

■音質
これは数値で表せるものではなく、個人の主観で判断されるところが大きい為、どちらの方がより良いとは言い切れません。しかし、一般的にはコンデンサーマイクの方が音がいいと言われています。各マイクにも個体差がある為、ダイナミックマイクの方が好きな音(目的の音)がとれるということは多々あります。
音質による差は構造的な違いから生まれます。音は音波となって伝わるのですが、音波の波形の振り幅で音量が決まり、波形の波が細かいほど高い音になり、緩いほど低い音になります。波が細かいというのは周波数が高いことを意味します。周波数は1秒間に何回空気が振動したかということを指しHzで表します。この振動がいかにきれいに録れるかでマイクの性能が決まります。一般的にダイナミックマイクは構造上、細かな振動には対応しきれないという弱点があります。つまり高音域が苦手という問題です。コンデンサーマイクはダイナミックマイク程、振動系を大きく動かす必要はありません。導電性の膜が音域に関係なく振り幅が一定という特性があり、実際の振動ではなく静電容量の変化を見ているので、音域による得手不得手がなく、クリアな音が録れるという特徴があります。逆にダイナミックマイクは高音がクリアでない為、柔らかい音が録れるという特徴があります。柔らかい音が好きか、硬い音が好きかといった音の好き嫌いになりますので、実際のところどちらのマイクの音質がいいということに結論は出せません。

■取り扱いやすさ
「さすがに高価なだけあって、高音質なコンデンサーマイク。これさえあれば他にマイクは要らない?」そんなことはありません。コンデンサーマイクがダイナミックマイクに勝っている点は音質だけです。(それもいいという基準があいまいですが…)そこが重要だという事実もあります。何よりも丈夫さが違います。コンデンサーマイクは取り扱いが非常に難しいです。価格は高い、ファンタム電源がいる(モノによっては専用のものがいる)、湿気に弱い(ノイズが増える)、振動に弱い(ふかれに弱い)といったデメリットがあります。またセッティングに関しても細かい音が録れる為慎重に取り扱う必要があります。ダイナミックマイクが丈夫だと言ってももちろん雑に扱ってはいけません。あくまで比較的丈夫という認識でいてください。

最終的にはダイナミックマイクにはダイナミックマイクのコンデンサーマイクにはコンデンサーマイクの良さがあるので、その特徴と構造をしっかり理解しておくことが、目的の音作りに生かされます。